龍田大社と龍田神社 (奈良県生駒郡)

龍田といえば、味付け肉を片栗粉で揚げた「竜田揚げ」が有名ですが、命名の由来となった竜田川の流域である奈良県生駒郡には、龍田大社と龍田神社があります。

<風神 龍田大社>
画像

 創建は第10代崇神天皇の時代(今からおよそ2100年前)で、続く凶作や疫病を治めるため、崇神天皇が御神託を授けられて建てられました。
 主祭神は、天御柱命(あめのみはしらのみこと)と国御柱命(くにのみはしらのみこと)です。天御柱大神は別名、志那都比古神(しなつひこのかみ)で男神、国御柱大神は別名、志那都比売神(しなつひめのかみ)で女神、夫婦の神様です。志那都比古神は、古事記や日本書紀によればイザナギノミコトとイザナミノミコトの神生みの際に生まれた風の神とされています。ご神名の「御柱(みはしら)」は「天地万物の中心の柱」という意味です。

(拝殿)
画像


(白龍神社)
龍田大社の末社に白龍神社があります。江戸時代末期に出現した白蛇が明治時代に突如消え、白龍となって現れたのでお祀りしたことが創建と伝わっています。
画像

画像

画像



<龍田神社>
法隆寺の南西には、龍田神社があります。言い伝えによれば、聖徳太子が法隆寺を建立する際、その守護神としてお祀りした神社です。主祭神は 天御柱命、國御柱命、竜田比古神、竜田比女神です。
画像

画像

画像

(白龍大神)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック